top of page

ピアノアカデミーの講師とサポートチームに出会いましょう

優秀な講師の素晴らしいチームに出会いましょう。 彼らはすべて、専門的に訓練されたピアノのエキスパートであり、業界での豊富な経験があります。 私たちの講師はやる気があり、献身的で、知識を共有するのが大好きです。彼らはピアノのレッスンを教えるピアニストです! 私たちの学校のアンバサダー兼共同所有者である、私たちの世界クラスのピアニストAyseDenizは言うまでもありません。

 

私たちの効率的なサポートチームによって、あなたはあなたが歓迎され、大切にされていることを確信することができます。

 

今すぐ登録して、sLs ボーダレスピアノアカデミーでピアノの旅を始めましょう。


AyseDenizのプライベートマスタークラス

AyseDenizのライブプライベートマスタークラスでピアノを弾く方法を学ぶユニークなチャンスです。AyseDenizはカワイアーティスト、コンサートピアニスト。彼女は、クラシックからロックフェスティバル、コンサートホールに至るまで、ソリストとして 世界中 25か国以上で演奏してきました。

これらのクラスは、音楽のすべてのジャンルをカバーするピアニストAyseDenizが自ら作成しました。ご都合のよい時間をご予約ください。AyseDenizとのオンラインクラスを成功させるために必要なすべての情報をお送りします。予約する時間がご自身のタイムゾーンになっていることをご確認ください。レベルの高いピアノレッスン。
 マスタークラス

サポートチーム

Chikako Ota - sLs Japan/sLs Borderless

太田千香子

学歴:経営学修士(名古屋商科大学

保健学修士(大阪大学大学院

保健学学士(大阪大学大学院
言語: 日本語 、英語

Katherine - sLs Japan - sLs Borderless

カセリン

彼女は6歳でピアノを学び始めました。
彼女はクラシック音楽とジャズ/ポピュラー音楽の両方の知識を身に着けています。

言語: 英語、日本語、中国語、マレー語、広東語

講師

アントニア( Antonia ) は ギルドホール音楽演劇学校のクラシックピアノ科を経て、同大学の大学 院を卒業。奨学金を授与され、キャロル・プレスランド教授に5年間師事する。 高校時代はロンドンにあるトリニティ・ラバン音楽大学のジュニア部門に2年通い ピアノを集中的に学んだ。英国王立音楽検定のグレード8で Distinction(優秀)を 取得。又、ピアノ以外でもさまざまな音楽活動に取り組み作曲と音楽理論を得意と する。日本語と英語のバイリンガル。

Marco Fatichenti (マルコ・ファティケンティ) 故・中村紘子氏が「大型のピアニストとしての魅力をすべて備えた輝かしい演奏で他を圧倒。改めて西欧文化というものの達成した計り知れない奥行き、深さ、そして距離を思い起こさせるほどのものだった・・・」(ムジカノーヴァ)と絶賛。「ショパンの化身」(The Times)、「圧倒的スケールのブラームス」(International Record Review)、「クラシカルな秩序とロマンティックな熱情の完璧な調和」(International Piano)と称賛される。

英国王立音楽院ポストグラデュエート·ディプロマを首席で修了。修了時、成績優秀者に贈られる「Dip.RAM」賞受賞。在学中は同音楽院より学費免除、マイラ·ヘス奨学金、ゲオルク·ショルティ財団奨学金など多数の奨学金を得る。ホアキン・アチュカロ、及びクリストファー·エルトンに師事。

北米、欧州を中心にリサイタルピアニスト、そして室内楽奏者として活躍するかたわら、アジアを含む3大陸で20年以上にわたり後進の指導にもあたる。


キングス・カレッジ・ロンドンにて「20世紀初頭のスペインとカタルーニャ地方の演奏スタイルの美学」の研究で博士号を取得。また、著名な教育機関で教鞭をとるなど、幅広く活躍しています。この間、ABRSMトリニティ・カレッジの試験準備に多大な経験を積み、特に、ARSM、LRSM、FRSM(英国王立音楽院 ABRSM)、ATCL、LTCL、FTCL(トリニティ・カレッジ ロンドン)などの上級グレードやディプロマ試験対策を得意としています。
言語: 英語 、イタリア語、日本語、スペイン語、カタロニア語、フランス語

Susana (スサーナ) sLs Borderless piano - Piano Instructor ピアノ講師

Susana (スサーナ)、スペイン生まれの台湾人ピアニスト、その文化と伝統の中で育ちました。10~11歳でピアノを習い始め、その翌年からヴァイオリンを習い始めました。

彼女は、マドリッドのヘイゼン・インテルチェントロス・ピアノ・コンクールのファイナリストであり、ヘイゼン・ピアノ・コンクール(マドリッド)で優勝者です。

マドリードではオーディトリオ・ナシオナル(国立公会堂)、サン・セバスティアン/ドノスティアのビクトリア・エウヘニア劇場、ビルバオではカンポス・エリセオス劇場などでコンサートを行いました。また、カントメトリック・トリオのメンバーとして、オルフェオン・ドノスティアラなどの大ホールにも出演した経験があります。

また、アナ・ギハロ、エレナ・オロビオ、クラウディオ・マルティネス・メーナー、ミゲル・エランズ、パスカル・ジャン・マリニャン、ダヴィッド・クイケン、ルイス・デル・ヴァッレ、ケネディ・モレッティ、ダニエル・デル・ピノ、デニス・ロセフ、デニス・パスカルといった偉大なソリストのマスタークラスも受けています。

ヴァイオリンはペドロ・アギナガに師事し、カタリーナ・グルスカ音楽院でハビエル・ネグリンに師事し、ソリスト演奏の修士号を取得しました。

彼女は初めクラシック音楽を専門にしていましたが、映画やドラマのサウンドトラックが大好きだったので、作曲や編曲にも興味を持つようになりました。そこで音楽編集ソフト(Finale、Musescore、Cubase、Sony Vegas...)を勉強し始め、気に入った曲や作品を自分でアレンジするようになりました。

ここ3年間はスペインのMBLという会社で、トリニティとABRSMのメソッドに基づいた指導をしていました。

言語: スペイン語、英語、日本語、中国語